ゴリテック5.0 筋肉学園

華奢な人間がテクノロジーでゴリゴリに進化していく、筋トレブロガー

【ジムに行くか迷ってる方必見?】自重トレーニング・ジムのメリットとデメリット比較

ゴリテック学園長による筋肉学園

みなさんこんにちは

ゴリラ&テクノロジー=ゴリテックです。

筋トレを普段行なっている方々に質問です。

筋トレは自重で行なっていますか?

それともジムで行なっていますか?

今回は自重とジムに行って筋トレをするメリット・デメリットについて述べていこうと思います。

それではまず、自重トレーニングのメリット・デメリットから行きましょう。

レッツゴーリラ

自重トレーニングのメリット

トレーニングしたい時にできる

これは忙しい方にとったら非常に自重トレーニングのメリットである部分です。

何故ならジムに行くなら空いている時間も異なりますし、着替えないといけませんし、何より外にでなければなりません。

そう考えると、家で好きな時間に好きなタイミングでトレーニングができると、毎日だって行う事ができます。

ジムに通っていると行かなければいけないと思ってしまい、ストレスになってしまいがちです。 それですぐに辞めてしまう方が多いのです。 それなら、外に出ずに好きな時に筋トレを行った方が皆さんの体は徐々にですが、良くなっていくと思います。

ストレスフリー

これは非常に大事です。

前回の記事で述べたようにストレスはコルチゾールの分泌を促します。

ジムに行かなければ行けないという考え方になってしまいそれがいずれストレスに感じる方もいます。

そうなるとこれは慢性的なストレスに繋がり、最終的にそのストレスがあなたを太らせる原因になるので、ストレスになるなら自重トレーニングの方がお勧めです。

何がストレスフリーなのかと申し上げると、 人に見られずに自由にしたいトレーニングを行う事ができるという点です。

ジムにいって、変な声出せないですよね?(出してる方は見かけますが)

体裁を気にする方はおそらく出来ませんね。

しかし、家での自重トレーニングならどんな変な声をだそうが、叫ぼうが誰にも見られません。

それなら限界を突破しても笑われない。 体裁を気にされる方にとってはこれは大きいメリットだと言えます。

タンパク質摂取時間を超短縮

前々回の記事で筋トレ後のタンパク質摂取は20分以内がベストだと述べました。

筋トレ後20分以内でタンパク質を摂取するのはジムにいっていては困難だと思います。

プロテインを作るのにも粉と水、牛乳等と混ぜたりするのに時間がかかりますし、鶏肉を摂取する際にフライパンで焼いたりするのにも時間を要します。

それなら自重トレーニングを行う前に鶏肉を用意しておいて、家での筋トレが終わった瞬間からタンパク質を摂ることだって可能ですよね。

高いプロテインを摂取せずに鶏肉などや卵でタンパク質を摂取することだって可能ですので、そういった部分では自重の方が良いと言えます。

自重トレーニングのデメリット

モチベーションほぼ0

ほぼ0と言いましたが、あなたが大好きな筋トレYouTuberや大好きなアイドルを見るとモチベーションは上がると思います。

しかし、実際に現実でジムに行って色々な人を見る事であなたのモチベーションアップに繋がります。

それに比べて家で自重トレーニングをする際は周りに家族しかいませんよね。

そこで、どれだけ筋トレを頑張っても誰も見てくれませんし褒めてくれません。

モチベーションアップに繋がるような状況でなければ、筋トレは続きません。

そういったデメリットもあるという事を覚えておきましょう。

あまり筋肉痛にならない

筋肉痛になる=あなたの筋肉を肥大化させます。

しかし、自重トレーニングですと筋肉を肥大化させる為の重大な要素、筋肉痛になりません。

せっかく家で頑張って筋トレをしているのに筋肉がなかなか増えなかったら嫌ですよね。

自重トレーニングですとどうしても最後まで追い込めずに中途半端に終わります。

そこが難しい部分ではありますが、本気で筋肉マッチョになりたいようでしたらジムをお勧めします。

ジムに行くメリット

やる気100%

ジムに行くと美人や筋肉マッチョのお兄さんが沢山います。

そんな彼らを見るとモテたいという一心でジムを頑張れます。

好きな人がジムにて横で見ていたら本気で取り組めますよね。

それと同じで彼らのような人達がたくさんいるジムでトレーニングを行う事は大きなやる気に繋がり、皆さんの筋肉や体脂肪率を大きく変えます。

そして何よりもジムに行くのが楽しみになります。

友達と旅行するのってすごく楽しみですよね? ジムに行くのが旅行に行く時と同じような楽しみに変わりますよ?

ジム内で人との関わりも増えますので、モチベーションを上げたい方にはジムに行く事をお勧め致します。

筋肉の成長が早い

筋トレを行う上で大切な事は、体重・体脂肪率の減少や筋肉が成長する事ですよね。

では何故、ジムで筋トレを行う事が筋肉の成長を促すのか。

それは負荷をかける事が出来るからです。

自重でトレーニングを行っても負荷をかけられるのには限界があります。

例えば一週間前はベンチプレス70キロだったけど80キロあげられるようになった。 これを家でできませんよね。

そう考えるとジムの方が成長が早い。

基礎代謝を上げて、体重や体脂肪率を落とす為のスクワットですらバーベルがあった方がより効果的です。

上記より筋トレを本格的にやりたいと思う方はジムにいったほうがお勧めだと思います。

オーラが出る

ジムに行っている男性かっこよくないですか?

ジムに行っている女性輝いて見えませんか?

クラスメイトでジムに通っている人、何か自信がありオーラがありますよね。

彼らはジムに行く事によって筋肉の成長を促し、それが自信に繋がる事でオーラを放出しているのです。

もし、家で自重トレーニングを行っていると怠惰な気持ちになってしまったり、目の前におやつやテレビがあるとどうしてもそっちに目がいってしまいがちです。

そうなれば、皆さんの筋肉は一向に成長しません。

ジムに通っていれば、お金を沢山払っているので、必然的に行くようになります。

そして、いずれそれが楽しみに変わりモチベーションアップに繋がる事であなたの自信がつきます。

その自信がつく事によって、悲観的な考え方から楽観的な考え方に変わりやすいのです。

ずっと下を向いて、ネガティブな発言ばかりする人よりもいつも楽しそうにポジティブな発言してる人の方がモテますよね。

上記より、モテたい人達は自重トレーニングよりもジムでトレーニングを行う方が良いと言えます。

ジムに行くデメリット

お金が沢山かかる

これが皆さんを自重かジムに行くか悩ませる最大の理由ですよね。

その気持ちよく分かります。

トレーニングを行いたいなら1ヶ月で7000円弱ほどお金がかかりますし、そんなに行かないかもしれないから7000も払ってられないと思います。

これがデメリットですが、筋トレを本格的に始めようと思えば皆さんはいままで食べていたおやつやビール、タバコをやめるようになります。

そのおやつやビールのお金を月にどのくらい使っていますか?

恐らく、月のジム代を超えると思いますよ。

これを考えるとお金が沢山かかるというデメリットは取り除けるはずです。

迷っている方、お金をどうやったら節約できるか考えてジムに行くのも良いと思います。

最後に

皆さんいかがでしたか?

ジムに行くか、自重にするかこの記事を読んで決める事ができると思っていただけたら幸いです。

それぞれにメリット・デメリットはありますが それを踏まえた上で、決断されますとトレーニングをする意識はだいぶ変わってくるのではないかと感じます。

それでも迷うようでしたら、一度自重トレーニングを続けてみてこれじゃあ成長しないなと感じたらジムに行っても良いですし、いきなりジムで鍛えようと決めて上手く行かなければ自重に変えても良いと思います。

結局、何事もやってみなければ分かりません。

人間万事塞翁が馬。

Just Do It