筋トレ/ダイエット/健康/美容/中国語など様々な知識やノウハウを発信していくブログ(主に人間の体や筋肉、ダイエット記事を発信)

【太りたくない、痩せたい】痩せたいなら始めようフードマネジメント。運動よりも食事管理で痩せたほうが効率的です

ゴリテック学園長による筋肉学園

皆さんこんにちは!

ゴリラ&テクノロジー=ゴリテックです。

皆さん今もなお悩んでいませんか?

「なかなか痩せない」、、と。

しかし、皆さん徹底的に食事管理行なっていますか?

今日くらい食べてもいいやとケーキを頬張っていませんか?

冷蔵庫に入ってるケーキを勝手に食べたの誰だとお母さんに疑われたが実は自分が食べた。みたいなことしてませんか?

そんなことしていては絶対に痩せません。

痩せると決めたらどんな誘惑があろうと、どんな状況で言い訳せざるを得ないような事になろうとも痩せると決断したからには徹底的に痩せる方法を探してください。

そうするとあなたは必ず痩せます。

それがストレスになるようならやめてください。逆効果なので!

あなたが本気で痩せたい。本気で食事管理するのも楽しそう!そう思って頂けるよう努めて参ります。

それではレッツゴーリラ

*食事管理だけではありません。

確実に痩せる為の食事管理方法

f:id:keng0750:20190709234609j:image

ケトン体を増やす

ケトン体が増えるといったいどうなるのか?

ケトン体は増えると病気になる等、これまでは悪者扱いとされておりましたが、実はケトン体が増える事によって糖尿病になるリスクを減らすだけではなくあなたの体を痩せる効果を発揮するのです

ケトン体とは人間の細胞のエネルギーとなる物で、本来人間が必要とするブドウ糖が不足した時にエネルギー源として使われる肝臓で作られるものです。

人間のエネルギーとなるのはグルコースとケトン体と思っていただけると良いでしょう。

糖質を摂取すると、糖質が分解されてグルコース(ブドウ糖)になり、人間のエネルギーとなりますが、実は脂質の方が主要なエネルギー源なのです。

そして、糖質の摂取をやめる事によってブドウ糖がなくなります。ブドウ糖が無くなると、ケトン体の3つの酸が脂肪を燃焼してエネルギーに変えるのです。

それがケトン体の役割です。

前回申し上げた糖質(砂糖)を摂取する事のリスクを述べましたが、本当に糖質が皆さんを太らせてるわけですね。

そのケトン体を増やす方法が、間欠的ファスティングなのです。

ファスティングをしている間ケトン体の産生が通常の70倍になります。

これはもう間欠的ファスティング(1日に一回断食)がベストですね。

是非行ってみてください。

*ファスティングをした後に摂る食事はナッツ類とか軽いものから食べてください。

胃に何も入っていない状態でいきなり刺激物を食べると胃がびっくりしてお腹を壊します。

瞑想をする

ダイエットに関係あるの?と思われたかもしれませんが、実は間接的に関係しています。

それは何故か。

ストレスを軽減できるからです。

前回でも述べた通り慢性的なストレスはコルチゾールの分泌量を増やし、最終的に人を太らせます。

そのコルチゾール分泌量を減らす為に瞑想を行うのです。

瞑想とは、現実的から少し離れて自分が思い描いている理想像や将来の自分の成功をイメージする事ですね。⬇︎

f:id:keng0750:20190710084748j:image

これを行う事によって人生のモチベーションがアップします。瞑想で楽しい将来等を想像すると今を頑張ろう。そう思えるのです。

結果これがあなたのストレスを大きく激減させあなたは太らない体へと変化していくのです。

朝起きた時に瞑想を行うのが最も効果的です。

朝はコルチゾールの分泌量が最も多い時間帯なので、
その時に行えば精神が落ち着きます。

そして、一日を頑張ろうと思う事が出来るのです。

スリムな自分の体を毎日想像すると良いでしょう。

お腹が空いてない時は食べない

1日の中でお昼になれば昼食を摂らなければいけない、夜になったらご飯食べに行かなきゃ。人間はこういう体になってしまっているのです。

あなたは幼い頃(記憶が浅い頃)、お腹が空いていないのに無理やり食べさせられて嫌がっていませんでしたか?

そうなんです。本来そもそも取る必要性がないのです。

野生動物も1日3食摂ったりしません。食べたい時に食べています。

でもお腹がどうしても空いてしまう。その為に満腹感が得られる食べ方を行うのです。

満腹感が得られる食べ方をする事で、インクレチン(脂質や炭水化物を摂取した後に消化管細胞から分泌され、インスリンの分泌量を増やすホルモン)の予防にもなります。

それでは満腹感を得られる食べ方をするのにはどうしたら良いのか??

よく噛んで食事をする事です。

最近の人は全然よく噛んで食べていません。

飲んでいるかのように食事をしているイメージがあります。

よく噛んで食べないと満腹中枢は得られません。

ご飯をよく噛んで食べると頭も良くなりますし、満腹感も得られるし、食費も浮く。料理の美味しさに気づける。一石四鳥ほど良いことしかないです。

どうしてもよく噛んで食べる事が出来ないと感じるようでしたらガムをずっと噛んでてください。

それでも満腹感は得られます。

是非今の食事の摂り方を見直してみましょう。

炭酸ジュースは絶対に摂らない

f:id:keng0750:20190710093747j:image

特に子供の肥満を減らす為には炭酸ジュースを抜く事で大きな効果が得られているのです。

実際に炭酸ジュースは加糖された飲み物です。

加糖されているということは沢山のフルクトースが含まれています。

そのフルクトースがあなたを激太りさせるのです。

フルクトースはコストが安い物で作られ、とても中毒性のあるものです。

やめるのには正直大変ですが、これをやめないとあなたは一生痩せる事ができません。

どれだけ走って運動してまた走っても終わった後に甘いフルクトースが入った物を食べたり飲んだりしていると本当に意味がありません。

実際の実験で2歳から5歳までの子供の肥満率を減らそうという事で糖分を激減させたそうだ。
その結果9年のうちで小児の肥満率がなんと43%も下がったのです

これだけの実験結果があるならいかに砂糖があなたを太らせているかわかりますよね。

炭酸ジュース等尚更です。

今日は暑いからアマーーいジュース飲んで頑張ろう。と思う気持ちは分かります。

でも摂ったらそこで最後です。やめるなら徹底的にやめないといつまで経っても痩せません。

健康でスリムな体でいたいなら糖分を減らすことをお勧めします。

コーヒーを飲む

f:id:keng0750:20190710114949j:image
コーヒーって健康に良くないんじゃないの?

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、コーヒーはむしろ糖尿病になるリスクを減らす上に、空腹感を抑える効果が高いのです。

しかし、1日に6杯までにしてください。

1日に6杯までならコーヒーを飲んでも問題はありません。

なんでもそうですが摂り過ぎは良くありませんよね。
それと一緒でコーヒーも飲み過ぎないでください。

コーヒーを1日に3杯以上飲むと、糖尿病になるリスクが42%減少するという実験結果もでているそうです

それになんとコーヒーのカフェインには代謝量を上げ、脂肪を更に燃やす効果があるのです。

それならコーヒーを飲まない理由がありますか?

ないですね。

もし健康でスリムな体でいたいなら毎日コーヒーを飲むことをお勧めします。

まとめ

皆さんいかがでしたか?

本日紹介した痩せ方はあまりストレスも感じずに行えそうな痩せ方ですよね。

もうすぐ夏が始まります。

海でスリムな体を披露する為にはこういった管理が必要になってきます。

その管理の先には明るい未来(モテ体)になっている事でしょう。

いまからでも遅くありません。

是非、私の記事を読んで実践してみてください。

それでは皆さんで良い体作りを目指して行きましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の筋トレブロガー「ゴリテック5.0」

最強の筋トレブロガー「ゴリテック5.0」

筋トレやダイエットに関する知識を徹底的に身につけた僕がその知識を元に実践した筋トレやダイエット法を大公開!!!ここでしか知れないノウハウが見つかるかも?筋トレ以外も語学の身につけ方であったりと役立つ情報を多数大公開!

CTR IMG